スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンネク身内分析

2009年09月21日 03:08

ガンネク(ガンガンNEXTより、こっちの方が一般的な略称みたいです)も始めて数ヶ月。
なんだかメンバーも増えてきたので、僕の目から身内の簡単な分析とかしてみました。

※完全に主観でしか述べません。
 しかも超ローカル身内ネタです。
 僕と一緒にガンネクやってる人以外はイミフな内容だと思います。
最初期からのメンバー

かるび氏(主要機体:ターンX、GP03S、ハンマ、ビギナ)
ACでも御馴染のオールラウンダー。
ACも様々な機体を乗りこなす能力は、ガンネクでも健在で、クセのある機体を乗りこなす。
基本的に安定した戦力となり、味方となれば頼りになるし、敵にすれば厄介な相手となる。
個人的には、ビギナに搭乗した時、コスト1000とは思えぬ戦闘力を発揮することが多いと思う。
奇抜な機体に乗っている時には気が付きにくい、基本能力の高さがハッキリでるからかも。
搭乗機がGP03のとき以外は、ブースト周りに難のある機体が多いので、ダブルロックで一気に仕留めてしまうのがいいだろう。
逆に、彼の相方となった時は、闇討ちの成功率を高めると非常に有利な状況となりやすい。
ターンXのとき以外は後衛機が多いので、こちらが前衛機を使うといいだろう。


ジーナ氏(主要機体:フリーダム、V2、ストライク、ZZ)
高機動万能機や高火力機を好む。
上記の他、たまにDX、インパルス、デスサイズなども使用する。
基本能力が高く、立ち回りや体力調整もしてくれるので、彼と組むと勝率が高くなる。
簡単に言うと上手い。
フリーダム、V2のときは機動力を生かして攪乱してくれるので、しっかり援護をすれば安定。
敵に回すと、フリーダムやV2には中々攻撃が当たらないし、Lストライクには近付けず、苦労する。
彼とのブースト合戦にはあまり付き合わないように(たいてい負ける)。
ランチャーにはムリに近づきすぎないほうがいい。
無理するとブースト切れを撃たれる。
一方、フリーダムは赤ロック距離の関係で、自分から飛びこまなくては何もできず、さらに一度被弾すれば非常に脆い。
V2も火力が低かったり、ストライクも換装させればソード、エールとも基本スペックは芳しくない。
ちょくちょくロック切り替えを行って、豆に牽制してやると、あまり好きかってされずに済むはず。
玉に牽制に引っ掛かることもあるので、そのチャンスは逃さないように。

最近えぴおん!を練習中。
そのエピオンの横には、赤いキュベレイMk-2が憑いていることが多い。


コマ氏(主要機体:えぴおん!、デスティニー、インパルス)
えぴおん!の人。
えぴおん!のメンドーなコンボをしっかり決めて大ダメージを奪っていく。
特に初期のころは猛威を奮った。
最近は身内の皆も慣れてきたので、格闘中にカットされる確率が跳ね上がり、かなり辛そうだ。
しかし、一度敵相方をダウンさせると、もう一方の敵の耐久値を300程もっていくため、実に援護のやりがいがある。
ガンバって敵相方をダウンさせ、フルコンボを決めさせてやろう。
彼のエピオンが敵になったら、とにかくダブルロック、カットを意識しよう。
慌てず、軸を合わせてカット。
最悪でも〆の特格は防ぐこと。
また、彼のデスティニーは極めて危険な相手である。
気が付いたら2機まとめてフルボッコにされることもある。
出来るだけ近づけさせないように。

ぼびぃ氏(主要機体:ゴッド、Z、GP-02とか)
分類不明。
機体はZが多いが、ターンA、マスター、タイヤ、Ez-8などなど、色々使う。
何を使ってくるかわからない。
戦闘力はやや不安定?
ただ、相手にしたときはいつも手強いので、僕の射撃系スタイルとは、若干相性が悪いのだけなのかもしれない。
当人はかなり前に出るタイプの人だが、後衛ではなく、一緒にくっついていく方がカバーしやすいと思う。
相手にした時は、リズムを崩されないように冷静に。
連座2時代から、敵にしたり、味方になったりしてもイマイチ掴みどころのないのが、長所であり、短所であるような気がする。


9円or⑨氏(主要機体:ヴァーチェ、エクシア、暁、トールギス)
チルノではない。
しかし、イジラレキャラとしての立場は共通している。
たまに展開する、”9円理論”が彼のイジラレキャラとしての地位を押し上げている感がある。
ケンタッキーが好きらしい。

戦闘力は(控え目に言って)かなり不安定である。
ヴァーチェ使用時、何もできずに近づかれてフルボッコされたり、先落ち特攻エクシアになることも多い。
だが突如神がかり的なタイミングでヴァーチェのCSを当てたり、ナドレにならずに敵を封殺したりと、圧倒的な強さを見せつけることもある(これを”覚醒”状態と呼ぶ)。
基本的に、彼は前に出る機体を使っていないので、彼と組んだときはいつもより若干前に出るとよい。
ヴァーチェのメインやエクシアの闇討ち格闘、トールギスのメインループ等、しっかりと狙ってもらおう。
しかし、たまにもの凄い後ろに逃げていたり、逆に前に出過ぎていることもあるので、声を出して指示してやるとよい。
聞かないこともあるけど。
相手にした時は、覚醒時以外はちょっとした攻撃に引っ掛かり易く、また直ぐに弾切れ、ブースト切れを起こすことも多いので隙が生まれやすい。
そこを狙えばよい。
逆に、覚醒時は要注意で、放置すれば物凄い命中率のゲロビが飛んでくるし、無理に追うとあっさり迎撃される。
中距離で対応した方がやりやすいと思われ。

今後の成長に期待。

αSおぜうさま(使用機体:ターンA、シャイニング、エクシア、暁、グフカスタム)
イジラレキャラ。
とても素早く地上を駆け巡るのは本人も、ACも、そしてガンネクでも共通。
たまに暁を使うが、本職はインファイターである。
グフカス搭乗時には、コスト調整に気を使えば非常に便りになる相方である。
いつもより弾膜を張って、敵の意識をコッチに持ってきてやれば、グフカスの闇討ち能力を存分に発揮してくれる。
敵に回すとしつこく迫ってくるので、実に厄介。
また、彼女のターンAは開幕に高確率で核を投げてくる。
敵にしても、味方にしても留意しておきたい。

最近はターンA、シャイニングで連勝することが多い。
特にシャイニングのときは、最初は大人しいが、シャイニングフィンガーソードを抜刀させると、猛獣アーバレスコと変貌し、「こまけぇことはいいんだよ!」と敵を千切っては投げ、千切っては投げのまさにピクロス無双を展開する。
そのとき味方であったハマーン様でさえ「αS・・・恐ろしい子・・・」とプレッシャーを感じていたとかいないとか。
相手に回すと厄介なんてものではないので、早めにシャイニング対策を練っていくしかない。

ただ後から見ていると、ブーストゲージが限界にもかかわらず、格闘にいって回避され、手痛い反撃を受けていることも多い。
引く時は引き、無理をしないことを学べば、より安定した戦闘力となるだろう。



・・・続く?
スポンサーサイト


コメント

  1. ピクロス | URL | hn7S5JsQ

    こちらでははじめまして。

    分析ウマー
    てか皆上手いよね、ガンネク。


    (´∀`){・・・


    (´∀`){コマ氏!

  2. 蒼いかもしれない | URL | -

    Re: ガンネク身内分析

    >ぴくろすさぬ
    もうコ”マ”氏でいいような気がしてきました><

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maybeblue13.blog19.fc2.com/tb.php/261-3d74360c
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。