スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちまちまと

2009年03月31日 19:56

V.I.クラースナヤをいじっております。
ほとんどがヤスリがけととエッジ処理だとか、スゲー地味な作業ばっかりですが。
おかげでちっとも進んだ気がしません;

折角いじったので、写真も撮ってみました。
三脚も使わずに撮ったので、けっこうぶれてますがw

090331shol.jpg
これは肩パーツ下部にあるパーツ。
キット(奥側)では、0.8mmくらいの分厚い板になっていますが、これは本来もっと薄いフィンです。
当初はキットを削りこんで薄く見せようとしたのですが、ちょっと不自然な感じがしたので削り取ってしまい、0.3mmプラ版で作り直しました。
これで大分違うはず。
ちなみにこのパーツ、フィンを薄くしただけでは、本来のデザインを再現できません。
fAのガレージで確認するとわかりますが、ビットマンやアスピナマンが裸足で逃げ出すくらい、脆そうなパーツ
今回は再現を見送ります…。


090330kokan.jpg
股間のパーツ。
キットではボールジョイントは太もも側のみでしたが、もっと動かしたいのでWボールジョイントに改造。
当初は股側に”関節技ボールジョイント”を埋め込んだだけでしたが、いつの間にかボール受けが割れていました。
たぶん、受け側をガッチリ固定していたので、ボールを差し込んだ時の応力の”逃げ”がなくて割れてしまったんでしょうね。
そこで、下図みたいな構成で作り直し。
図1

青:キット股間パーツ 黒:内径5mmポリキャップ 赤:5mm径ポリ製ボール
黄:プラ製○モールド 紫:キットのボールジョイント

5mmのポリキャップは接着していませんが、股間と○モールドに挟まれているので、抜けたりガタつくことはありません。
本来のボールジョイントみたいに、全面でボールを受けているわけではありませんが、瞬間接着剤でボールを太らせているんで、緩くなることもなく。
応力の逃げ場も十分にあるので、割れることもなく。
いい感じに成功です^^

ついでに
090331f.jpg
製作中のBFFフレア。
まだ半分も出来ていませんが、展開もします。
…が、この展開の為に、強度が犠牲になってます。
PAが残っているアスピナマンレベル。
正直、何回も動かしてると壊れそうで恐いです><
ていうか、頑張って造っても6月には遥かに完成度の高い製品版が手に入る罠
どうしたものか…
スポンサーサイト


コメント

  1. Volvo | URL | -

    Re: ちまちまと

    エッジは大事ですよね~プラモはほとんどやらないですけどモデルガンは入れ込んでた時期があるのでその辺の大事さと面倒はわかる…つもりですw昔平面出しをおろそかにして、後で非常にみっともない見た目になったのはいい思い出…w
    にしてもジョイントとかBFFフレアすごいっすね…
    ところでホワイトグリントは買うんですか?

  2. 蒼いかもしれない | URL | BejLOGbQ

    Re: ちまちまと

    >ボルボさん
    面出ししないまま完成させると、光当てたときに歪んでるのがバレますからねw
    重要なのはわかってるんですが、やっぱりmendouです><
    ほわ☆ぐりはkonozamaで予約済みです。
    デカイので置く場所が問題ですが;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://maybeblue13.blog19.fc2.com/tb.php/172-c4cfdece
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。