スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高のスピードと、最強の剣を所望する。

2009年03月21日 19:10

先週書いたとおり、昨日はももグレネード様主催のAC大会に参加しました。
遠征の方3名を含めて16人と、まるで全盛期の大会みたいな人数w

レギュ転載。
<対戦形式>
  ・スイスドロー4回戦以上、上位4名以上のエリミネーションマッチ
  ・1機制、1試合5分2本先取(引き分けを含む最大3回戦)
  ・相手の情報表示をOFFにしての対戦
  ・土遁行為、反則行為、暴行行為は敗北とします。

<対戦マップ>
  ・以下のMAPよりランダムで選択。(重複なし)
  ・車両タンク、フロート(WALRUS2以外)は、除外するマップを3つまで選択できる。
  ・四脚、ホバータンクは、WALRUS2は、除外するマップを2つまで選択できる。
     01.SPACE PORT
     02.CENTRAL RIVER
     03.BARN ARENA
     04.MILITARY DISTRICT
     05.STRUCTURE
     06.RUIN
     07.ABANDONED FACTORY
     08.MARINE BASE
     09.BORN CITY


<制限事項>
  ・装備禁止
     LHT92...(クレホバ)
     ECMメーカー全種
     実ショットを両手に持つアセンブル

  ・装備制限
     以下の武装は、車両型タンクのみ装備可能
      [ WH05BP、WL79HNM、WL88S2 ]...(神バズ、左ハンミサ、左強ショ)
      [ SELENA、C83UA、C98E2 ]...(コア3種)

     以下の脚部は、旋回強化OP、実ショット、実スナイパーを装備できない。
      [ DINGO2、COUGAR2、LH92S3、LH96FA、GAZELLE、WALRUS2 ]


機体構成は以下の通り。

機体名:BlueMoon改めツクヨミ

頭部 : CR-H05XS-EYE3
コア : YC07-CRONUS (ヴィクセンコア)
腕部 : CR-A88FG (最軽量)
脚部 : CR-LH84L2 (SLのOP機脚)
ブースタ : CR-B83TP (最高のスピード)
ジェネレータ : KONGOH
ラジエータ : ANANDA
FCS : MIROKU
インサイド : I01M-URCHIN(地雷)
エクステンション : JIKYOH(垂直連動)
右肩武器 : WB11M-HYDRA(分裂ミサ)
左肩武器 : NONE
右腕武器 : CR-WR84S(強ショ)
左腕武器 : WL-MOONLIGHT(最強の剣)

オプショナルパーツ
O01-ANIMO
CR-O69ES
CR-O69SS
KISSYOH
O03-CODON
O07-PRIMER
O08-RIBOSE
CR-O86R+
MARISHI

ASM CODE : &LKw00d0002w000Y000k00800o023b7w5gs0t57c# (※注:GLRのものです)

久しぶりにアセンソフト使った^^
基本仕様は、僕的にN系ブレード機の集大成である、軽二地雷ブレです。
いつもとの違いは、腕をLANGUR(偽⑨の腕)から最軽量腕に変更したことでしょうか。
これで20km/hくらい速くなります。
ブレードの威力は若干落ちますが、振りが速くなるのが大きなポイント。
今までは、空中からの対地ブレで振りが間に合わずに斬れないことが多かったので。
地上切り優先のLANGUR空中斬り優先のFG、といったところでしょうか。

また、機体を軽くした分、右腕武装を800マシ→強ショに変更。
狭いマップが多いので、持久力よりも瞬間火力を優先しました。
背中はデュアルミサが安定なんですが、恐らく皆使ってくると予想。
練習でも対デュアルミサは慣れてそうなので、あまり使われていないマルチ+垂直連動にしてみました。
ただ、重いので相手の構成やマップでは開幕パージ前提です。
攻めの布石になれば十分かな、と。

以下、試合内容。
予選1試合目:りょーさん(リニア、リボハン、ミサの鳥大老脚の軽2)
速度的には中2かと思っていたら、軽2だったそうで;
鳥大老脚にバルチャー2じゃ、中2みたいなもんですねw
リニアとリボハンの反動で、ブレの距離まではなかなか近付けず。
マップも狭いので、ミサも使えず。
ショット+地雷で削って、擦れ違いざまに切って撃破。
2-0

予選2試合目:SOJIさん(超ショ、リボハン、片コンテナのS2脚中2)
待ち時間に他の試合も除いていたんですが、その中で最も当たりたくない相手…それがSOJIさんでした。
こっちは装甲を犠牲に機動性と接近戦を重視した軽2…装甲は紙です。
それに対し、相手は機動性と装甲を両立した、接近戦型の機体。
攪乱も難しい。
正直、ミサが事故で当たりまくるか、ブレードでザックザク斬って勝てるかどうか、でしょうか。
つーか、ブレードで空中ヒットしたとしても、ショット2発+リボハンでダメ負け確定。

試合内容?
装甲+火力>>>機動性…な内容でした。
結構綺麗に地雷直当てとか、ブレも当たったりもしましたが、やはり装甲差は如何ともし難く、0-2で負け。
個人的には、健闘した方だと思います。
機体以前に、そもそも中の人性能で劣っているので、どーしようもないですね(ノ∀`)アリャー


予選3試合目:主犯さん(神バズ、セレナ、主砲、TBのガチガチムチムチ要塞たんきゅ)

スミカ「敵は小型とはいえ、アームズフォートだ。絶対に当たるなよ?」
旧作にもアームズフォートはいたんですね。
ハイエンド型とはいえ、ノーマルでは苦労しそうです。

タンクならブレで楽勝wwwとか普通は考えるんですが、斬ったらTBで振り返ってきて主砲をブチ込んでくるタンクは脅威です。
ブレードには命中反動ありませんし、隙だらけです。
ええ、もちろんやられました。
斬る→主砲+セレナ喰らうを、全試合で4回も。
1試合目は何とか撃破勝ち。
2試合目はコンボ喰らって、ビビって下がったらバズがACの箱判定部分に当たって撃破されました><
3試合目はマリンベースだったので、ミサで削って保険をかけてから攻め込み、切り捨て御免!にて勝利。
2-1で勝利したものの、3試合目の最後は着地際を狙われてたみたいです。
若干、相手の旋回が足りないお陰で、横に極太レーザーが逸れていきましたが・・・あぶねぇ…・。

恐いお・・・主砲恐いお…

予選4試合目:マサヤさん(カラサワ、実シールド、中実EO、爆雷ミサ、ビット、QUEEN頭のイケメン重2)
マサヤさんと当たるのは、ACfA(レギュ1.10)大会以来。
久しぶりです^^
どうやら、前月優勝したガチタンへのアンチアセンかつ、総合的にも優れた重2のようです。
しかし、こちらの脅威になりそうな武器はカラサワのみ。
なので落ち着いて張り付いて、ショット+地雷+月光で攻めればいけそうです。
冷静にいきましょう。
たかがショットガンを誤パージしただけです。
問題ありません。
落とした武装は拾えるはずです。
Right Arm Weponって文字が出てて、その上に行けば、拾えるはずです。
いいから拾えよ。

…結果は2-1で勝利。
一度負けたのは、もちろんショットガンをポロリしたときです><
攪乱が上手くいってよかったですが、それ以上に”ブレードの振りの速さ”を実感した試合でした。
擦れ違いざま、咄嗟に反応して斬ることも出来ましたし。
ショットガンを落とした以外は、イイ感じでしたw


ポイントの関係で、予選5位ですがエリミネーションマッチに出場^^
長いので、2回に分けます。







スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://maybeblue13.blog19.fc2.com/tb.php/166-a6fd90f9
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。